RASTER

Ito Kanako 2018.07.09 21
初めて獨り バスに搖られ
行く先を書いたメモを
握りしめて
見慣れた街が
まるで違う世界
流れてゆく
 
バスは走る
不安なキモチを乘せたままで
窓の外見ていた
當たり前が壞れてゆく
音が聞こえたよ
耳をすます
 
あれからゆっくりと
大人になった
行く先のメモは心に
 
明日夢破れても
バスはまた停まる
今だけみつめて
誰の言葉も屆かない
悲しみの海の底でも
少しだけ立ち止まって
バスはまた走る
今だけさわって
誰も代われない
ひとつの今をみつめて
 
バスは停まる
開く扉の向こう
側へと降り立ったその時
世界中がお祝いしてくれて
いるような
氣がしたよ
 
これからゆっくりと
大人になってく
いつだって初めてだらけ
 
昨日望み消えても
バスはまた停まる
今だけみつめて
誰にも言えない
心の奧のネジが凍りついても
少しだけ溫めたら
バスはまた走る
今だけさわって
誰も代われない
ひとつの今をみつめて
 
明日夢破れても
バスはまた停まる
今だけみつめて
誰の言葉も屆かない
悲しみの海の底でも
少しだけ立ち止まって
バスはまた走る
今だけさわって
誰にも言えない 冷たい今を
誰も代われない
ひとつの今をみつめて
앱에서 영상보기
상세보기
리뷰 쓰기